スマートコントラクトとは?

スマートコントラクト=コントラクト(契約)をスマート(自動化)に行えるプロトコルのこと。

契約の条件確認や履行までを自動的に実行させることができます。

 

取引プロセスを自動化できるため、決済期間の短縮や不正防止、仲介者を介さないことによるコスト削減にも寄与すると期待されており、各国で取り組みが行われています。また、ブロックチェーン上でスマートコントラクトを利用すると、ユーザー同士が直接取引を行う非中央集権型のサービスを実現でき、社会に大きな変化をもたらす可能性があると言われています。

<例:自動販売機>

「購入者がお金を投入→商品ボタンを押す」という契約条件が満たされた場合、ブロックチェーン上のスマートコントラクトでは、次のような売買内容に代表される契約条件が記録されます。

 

ブロックチェーン+スマートコントラクトの取引(トランザクション)

  • 支払元(お客様)

  • 支払先(自動販売機)

  • 金額(120円)

  • 商品(ジュース)

  • 数量(1本)

  • 在庫(98本)

 

この様に商品を提供するという一連の売買契約をスマートコントラクトで確実に担保し第三者を介さずに取引行動全般を自動実行しています。

スマートコントラクトとは、執行条件と契約内容を事前に定義しておき、条件に合致したイベントが発生すると自動執行する仕組みですこの仕組みは、様々な分野へ応用できると考えられています。

管理者が入力
契約の事前定義
イベント発生
契約執行
​価値移転
決済
​③
​④
プログラムにより自動実行される